税理士を始めるならどのエリアが良い?

場所は重要?税理士事務所を開業するおすすめエリア

税理士ってどんな仕事?

税理士事務所を開設するまでの流れを公開しています。必要な手続きはもちろんの事、おおよその費用を知る事で独立がスムーズになります。 必ずしも税理士として独立するのが良い訳では無く、事務所に在籍しコツコツと経験を積んでいく事も重要なステップです。

事務所を構えるのにおすすめのエリアは?

「自分が好きなエリアだから」「自宅から近くて便利だから」そんな理由で、事務所を決めるのはとても危険です。 これから税理士事務所を契約する場合、どんなポイントに気を付けて事務所やエリアを決めれば良いのかを公開しています。 今回は税理士にスポットを当てていますが、多くの事務所で使える情報です。

独立する際の注意点

自分の事務所を構えるなんて夢の様ですし、これからバリバリと働きたい!そう考えているだけでは危険です。これから待ち受けている壁や起こりうるトラブルについて紹介しています。 トラブルや注意点を認識する事で事前に回避出来ます。ここでは独立で起こりやすいトラブルを公開しています。

流れや必要な手続き・資金について

独立して事務所を構える。そう聞くとアナタはどんな職業をイメージしますか?法律や弁護士と言った硬い仕事の印象がありますが、その中に税理士は入っていますか?
税理士と言う言葉は確定申告や年末調整になると良く聞く言葉ですが、実際はどんな職業なのでしょうか?簡単に言えば税務を扱う仕事で今説明した確定申告の代理を受付しているのも税理士です。
税理士は誰でもなれる訳では無く、税理士試験に合格しなければなりません。税理士試験は国家資格で年に1度受験が開催されます。難易度はかなり高く、試験科目は11科目中の5科目合格している必要があり、合格率は10~20%程度です。受験者は毎年少しずつ増えている様で、不景気の為手に職を付けたいと言う気持ちが現れているのかも知れません。
試験に合格した後は、独立だけが全てではありません。既存の事務所に所属しコツコツと経験を積みながらキャリアアップを目指すのも良いですし、クライアントと密にコンタクトを取り独立に向けて人脈を形成するのも良いでしょう。
近年では税理士の資格だけではなく、合わせて複数の資格取得する事で、様々な仕事に応用して使える人材が増えています。実はこれにはワケがあるのです。
そもそも税金に関わる法律は数年に一度見直されたり、改正されたりするので一生涯勉強が必要ですし、それを怠っては税務をこなす事が出来ません。
その為つぶしが聞かない状態を避けるために複数の資格を取得し臨機応変に対応する方が増えています。